T-4-2

中国茶は人生、花は宇宙、音楽はすべての答え
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ここんところの庭20080501 | main | 徒然20080604 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ここんところの庭20080510
バラの様子を出しておこう、この写真は先週のものである。

開花後の写真はfotoに掲載しているが、この後に青というよりはラベンダー色のブルーパフュームと、レモンイエローの若々しい色が魅力のサンライト ロマンティカの美しい姿を見ることが出来た。

今日は天気がすぐれなかったために感じることは出来なかったが、週の途中には朝の早い時間に窓を開けると芳醇な香りが漂って来る。HTのブルーパフュームは強香ということで買ったのだが看板に偽りなしであり、蕾から開きかけの状態でも強い香りがする。

サンライト ロマンティカはアンティークタッチということだが、今のところはその特性が出るまでには至ってないようで、まだ普通のFLタイプの雰囲気のよう。しかしとっても色が奇麗で、見ているとものすごく元気が貰える気がする。

こちらは香りについてはそれほど期待できないのだけれど花の数と姿で勝負なのだから、もっとじっくりと時間をかけて行くとアンティークの雰囲気が出て、もっともっと良くなるのではないかと思う。

これら以外ではアッサリ目な形状のFLのエスカペードの開花も始まり、次いでHTの宴とフレンチローズのコンテス・ドゥ・セギュールの蕾もだいぶ大きくなって来た。ひたすらに上り調子。


さて、久々に今日の一枚

The Look of Love■ダイアナ・クラールの素敵なアルバム、The Look of Love/Diana Krall を最近になって購入。女性ボーカルが聴きたいなと思って、人気のノラ・ジョーンズのアルバム販売ページで30秒くらいのサンプルを何曲か試聴したのだけれど、いまいちピンとこなかったので彷徨っていたら、オススメのひとつに登場したのがこのアルバム。

ソフトなんだけれどややハスキーな声の質が好み、評価がどうとかそういうことは抜きにして昼でも夜でも気軽に聴きたいと思う。お茶でも酒でもどちらでもOK、もちろん花のお供にも。とりあえずエルヴィス・コステロには嫉妬の嵐(笑


| しながわ | flowers/rose | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:17 | - | - |