T-4-2

中国茶は人生、花は宇宙、音楽はすべての答え
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< はじめてのJAZZ。<差別しない> | main | ここんところの庭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
はじめてのJAZZ。<出発点であるということ>
1950年代〜1960年代前半を中心に書いて来たこのシリーズ。「はじめての・・・」ですから、1960年代後半以降も全体をずっと見て行くというよりも、いくつかのスタート地点を提示できれば当初の目的は達成できたのかなあと思います。そこから先はお好みで「追っかけて行きたい方はどうぞ」という考え方です。

主な流れとしては、レコード会社にとってジャズという音楽がセールスの主流から外れたのが1960年代中頃、極度に抽象的なテーマや自由度を高くしたアドリブが多くなってきたのもこの時期から。米国での売れ筋はオルガンやギターを使った4ビートだけでないソウル・ジャズや、1970年に近づいて来るとCTIレーベルなんかのイージーリスニング路線、さらにその先にはフュージョンの全盛期になります。

ですから1960年代前半までを聴いてから先に進むか、後からでも過去の作品という源流を辿って行かないと、多くのことを見過ごしてしまう可能性が高いのですね。顕著な例として晩年のジョン・コルトレーンが徐々に過激なアドリブ表現に行き着いた状況も、初期、中期の表現を順に聴いていくとまた違った印象を持つことが出来ると思うんです。フリーやアバンギャルドな表現方法だけを最初から聴いても意味がわからない。

たとえば抽象画家も最初からそれだけを描いてないはずなんですね、目で見えたものを色々な思考や経験のフィルターを通して出力していると思います。そういったことを踏まえて作品に接すると、同じものを見たり聴いたりしても違う印象を受けると思うんです、ただ、これは「はじめての・・・」の役目ではなくて「次に続くもの」の話なのですね。

繰り返し書いていますが、ジャズにおいては「次に続くもの」は1960年代に入ってから、またそれ以降に発表された作品に重要なものが多いと思います。最初に聴かなくてもいいものですから、もしもこれらを最初に触れたら必ず遡って、1940年代後半〜1950年代前半、後半の作品もおさえてみて欲しいのです。


このシリーズ最後の紹介です、発表された年代に関係なく気持ちのいいものを登場させましょう。

Bill Evans (piano)/At Town Hall: +3
ピアノトリオ作品をずっと飛ばして来ましたので今回は入れます、といっても相変わらずビル・エバンスですけれど。個人的にはこの後に長期間ベース奏者としてパートナーになるエディ・ゴメスの音色よりも、このときのチャック・イスラエルの方が好きです。

後のライブでの重要なレパートリーとなるTurn Out The Starsは「父ハリー・L・エヴァンスに捧ぐ」のソロピアノのパートに含まれている美しい曲です。この時期のビル・エバンスの評価はあまり高くないですが、この作品は名盤といって差し支えないと思います。(1966年)

Far CryFar Cry/Eric Dolphy Quintet with Booker Little
チャーリー・パーカーが切り開いたモダンジャズのアドリブの地平に、新しい自由度の高い解釈を付け加え、異様なグロテスクさと繊細な美しさを同居させることに成功した作品だと思います。若くして夭折したブッカー・リトルのトランペットも美しいだけではない、次の時代を感じさせるやや硬質なフレーズや音色が魅力です。

バス・クラリネットとフルート、アルト・サックスを巧みに使い分けるエリック・ドルフィーは、不思議なアドリブ・フレーズを生み出す為にゲテモノ扱いされることが多いのですが、譜面にも非常に強く作編曲ともに才能を発揮した人です。個人的にはフルートの叙情性のある演奏が好きです。これはエリック・ドルフィーのリーダー作のなかでは難易度の低い方なので「ドルフィー最初の一枚」にどうぞ。(1960年)

秋吉敏子 / Lew Tabackin/Long Yellow Road
日本のモダンジャズの初期からピアニストとして活躍した秋吉敏子のビッグバンドは、米国で日本人としての個性を発揮することに成功したバンドです。音楽的にも良き理解者である夫のルー・タバキンの音楽性も、どこか日本的要素があるように思います。

このビッグバンドの代表的な作品としては、水俣病の悲惨さをテーマにした組曲の ミナマタ が聴ける1976年の インサイツ があるのですが、聴いているとついつい涙が出て来てしょうがないので、今回はもうすこしリラックスして聴けるこの作品を登場させます。ロング・イエロー・ロード はこのバンドのテーマ曲とも言える作品で、わかり易いメロディとシンプルなようで実は凝ったアンサンブルが魅力です。(1974年)

Diane Schuur/And Count Basie Orchestra
歌ものを入れそこなったので1枚追加。ダイアン・シューアの作品はGRPレーベルから出された為にフュージョン的サウンドがバックのものが多く、まあそれはそれで悪くないのですが「ビッグバンドをバックに歌いまくる作品なんかいいよなあ・・・」と思っていた頃に出たのがこのアルバム。

ダイアンは声に伸びやかさのあるいい歌手だと思います。残念なことに時間は待ってはくれないもので、この時ベイシー御大は既に故人となっていたのですが、フレディ・グリーンもこの作品がラストとなってしまったようですね。そんなことを踏まえて聴くと、また味わいも違って来るというものです。(1987年)


色々と書いて来ましたが、ジャズの話題をこれでおしまいにするわけではありません。ワタシもまだ聴いていないアーティストや作品が山のようにありますし、特にここ最近のものが手薄ですので、機会を見つけてまた書いてみたいと思います。ここまで読んでくださった方々、本当にありがとうございます。そしてどれか一枚でも入手してみてください、古くて新しい世界が広がっていくことを期待してこのシリーズを終了します。

ではまたレギュラーモードに戻ります。
| しながわ | music/はじめてのjazz | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:45 | - | - |