T-4-2

中国茶は人生、花は宇宙、音楽はすべての答え
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 同時進行ができない | main | Soul Intro >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
誤爆
せっかくの休日だからとエントリを書きながら、〆のアルバム紹介用のネタ検索をしていたら、すごく嬉しいZappのTVライブ動画と昔の音源を発見してしまって、ついついそのまま保存せずにブラウザを閉じてしまってエントリを飛ばしてしまった・・・



Zapp and Roger Live 1989 これの32分版(たぶん完全版)があったのねん・・・Rogerのギター聴くとJazzとBluesとRockは繋がっているのだなあとしみじみ思いますな。

まあ、そんなことで少し大きめな音量で BauXar の Jupity301 を鳴らしてみると、ずいぶんとFunkyなシンセベースや、トークボックスの変形した音声もとても力強い印象。いつものように静かにピアノジャズなんかを聴いていても、ピアノを近くで弾いてもらうような生々しい感じがしていいのだけれど、テレビレベルの音源でも意外とイケルのではないか?

小型ユニットに小型ボディであるから、可聴域より下の低音は難しいとは思うが、今時のCD音源やネットにある素材では気にする必要はあまりないだろう。ウッドベースの音はハッキリと良く聴こえるのだから、神経質にならずにバランス重視でいきたいもの。多分ロックなどのエレクトリックベースやポップス系ばかり聴く方なら、Marty101で十分におつりが来ると思う。

というわけで、上にあったライブ映像の32分版の中でもやっていたこのバンドの人気レパートリー Dance Floor が入ったアルバム

Zapp II
Zapp II
Zapp

を登場させておこう。このバンドは本当にライブパフォーマンスが素晴らしかった。ブラックミュージック全盛期のちょっと後の頃だから、余計に光っていたとも言えるのだろうが、1980年代後半の黒人音楽も面白いのって結構あったと思うのだがな・・・

↓Dance Floor はこんな曲
ZappDance Floor
| しながわ | music/etc | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:47 | - | - |